コンプライアンス対策/トレーニング

コンプライアンス管理の負担を軽減し的確に対処する術を従業員に身につけさせるために

資料&レポート ダウンロードはこちら

コンプライアンス管理

コンプライアンス管理の負担を軽減

コンプライアンス管理を定義するならば、規制とリスクへの意識が高い社風を育むことで、ビジネスバリューの保護・向上を図る総合的な取り組みの継続と言えます。効果的なコンプライアンス管理プログラムの大前提となるのが、従業員のトレーニングです。実際の担当業務に関わる法律、規則、社内ポリシーについて学んでもらう必要があります。

めまぐるしい規制強化に対応

規制の量的・質的強化の動きはめまぐるしく、多くの組織がその対応に苦労しています。外部環境のウォッチにはさらに多くの経営資源が必要となる一方、多くの企業がこうした業務のために、毎年、膨大な延べ作業時間数を費やしています。

規制変更への対応を簡素化

規制の変更により対応が必要になると、規制対応完了の確認作業に追われる企業も少なくありません。企業の中には、規制変更への対応に際してプロジェクトチームを作り、表計算ソフトなどを使って一覧表に変更前・変更後の情報を書き込むといった手作業で進める企業も多いようです。このような方法は、コンプライアンス上のリスクを常にはらんでいます。ちょっとでも間違いが起これば、規制当局や経営上層部、取締役会など関係者に、規制対応完了の証左を示すことは困難になります。

一方、規制変更管理プログラムを導入している企業は、コンプライアンス上のリスク低減、経営上層部を含む利害関係者とのやり取りの円滑化など、さまざまなメリットを享受しています。シンプルで無駄のない方式のため、時間も人員も最低限で済みます。コンプライアンス専任担当者にとっては、高度な分析や入念なレポートづくりが可能です。しかも、業務部門と直接連携しながら戦略的な計画立案を推進するなど、株主の持つ価値の向上に専念できます。

ぜひ次の点についてご検討ください。

  • 規制変更の調査や変更への対応にどの程度のコストをかけていますか?
  • 重要な規制変更への対応で抜けや漏れに手を焼いたことがありませんか。その際の最終的なコストはどの程度かかったでしょうか?
  • 規制変更によって影響が及ぶ範囲と程度を把握していますか。コンプライアンス上のリスク問題への対応を強化する準備はできていますか?
  • 規制変更への対応が首尾よく完了した場合、取締役会や経営上層部、監督当局といった関係者にはどのように完了の証左を示していますか?

コンプライアンストレーニング

実際のコンプライアンスに関わる問題を把握して的確に対処する術を従業員に身につけさせるために

コンプライアンストレーニングとは

組織のコンプライアンスプログラムを効果的に運用するためには、従業員教育が大前提となります。日々の担当業務に関わる法律、規則、社内ポリシー、手続きについて学んでもらう必要があります。

コンプライアンストレーニングの主な目的は次のとおりです。

  • 従業員1人ひとりにコンプライアンス上の責任を周知徹底する
  • コンプライアンス違反のリスクを低減させる
  • 違反行為を特定し、警鐘を鳴らす
  • 職場の体質改善を奨励する
  • 不正行為の発覚時に組織としての法的責任を回避する
  • 組織のレピュテーションを守る

変わりゆくコンプライアンストレーニングのあり方

今日のビジネス環境でコンプライアンストレーニングの文化を根付かせるには、めまぐるしく変化する規制要件や厳しさを増す監督機関の監視、国内外への移動の多い働き方、縮小され限られた予算などにどう対応するかがポイントとなります。

事業の成長・拡大にともなって海外へ進出するようになると、腐敗や汚職などのリスクに関する従業員教育が非常に重要になります。

確かな効果を得るために

コンプライアンス違反が発生する背景として、監督当局は従業員のトレーニング不足や理解不足を挙げています。組織としては、正確でわかりやすく費用対効果の高いトレーニングを実施する一方、従業員の理解と完全習得を証明する必要に迫られています。

製品およびサービスに関する
営業へのお問い合わせはこちら >

コンプライアンス・トレーニング
E-Learning

様々な立場の従業員のリスクを網羅し、守るEラーニングソリューション。

コンプライアンス内部監査ソフトウェア

最適なバランスのコスト、価値、リターンを伴う、統合されたソリューション。

コンフリクト・コンプライアンス

世界の規制要件は厳格さを増し、執行・措置が強まる中、コンプライアンス遵守をいかに徹底させるかという課題に応えるための従業員の監督と利益相反を一元的に管理するソリューションです。

コンプライアンス・トレーニング

アジア太平洋地域向けコンプライアンス・ラーニング・スイートは、組織のコンプライアンスニーズに応えるために特別に作成されました。

E-GRC

リスク・アセスメント、プランニング、スケジューリング、ドキュメント作成、準備作業、レビュー、レポート生成、問題追跡、そして管理機能を含む、包括的な内部監査ソリューションです。これによって、監査プロセス全体の効率と生産性を向上させます。

製品およびサービスに関する
営業へのお問い合わせはこちら

資料&レポート ダウンロードはこちら