競争法/独禁法対策

数百億円の制裁金、個人の収監事例も発生。「競争法リスク」に求められる企業の対策とは?

資料&レポート ダウンロードはこちら

競争法/独禁法対策

「競争法リスク」に求められる企業の取り組み

米国、カナダ、欧州連合を含む世界中の多くの国々では、企業が不正手段によって競争を減じることを違法とする競争法が制定されています。たとえば、価格操作、談合、集団ボイコット、市場や顧客の分配の合意などがそれに当たります。これらの法律の目的は、市場競争を確保することにより、不正な商習慣から顧客を守るためのものです。自由で公正な競争は、質の高い商品やサービスを低価格で顧客へ提供できることにつながります。もし企業が反競争手法を用いることができていたら、健全な競争は存在せず市場は歪められていたでしょう。

競争法を順守しなかった場合、関わった個人に対する刑事や民事制裁だけでなく、制裁金や企業レピュテーションといった甚大な損害を被ることになります。どのように競争法が日々の業務に影響を与え、競争法違反のリスクにつながる状況を認識し、どのように対応するか等の社員教育を施すことによって、企業はこのような大きな犠牲を避けることができるのです。

製品およびサービスに関する
営業へのお問い合わせはこちら >

コンプライアンス・トレーニング
E-Learning

様々な立場の従業員のリスクを網羅し、守るEラーニングソリューション。

週刊東洋経済 2017年8月5日号掲載:
数百億円の制裁金、個人の収監事例も発生
「競争法リスク」に求められる経営判断とは?

グローバル化が進み、海外ビジネスで日本企業が直面するリスクも増大している。中でも対応に苦慮するのが各種法令に対するコンプライアンス・リスクだ。特に日本の独占禁止法に相当する反トラスト法や競争法に違反したとして、日本企業に巨額の制裁金が科されるケースも珍しくない。企業にはいまどのような取り組みが求められるのか…

デューデリジェンス・レポート

当社のEnhanced Due Diligence(エンハンスド・デューデリジェンス:EDD)レポートはビジネス上の関係を持ちそうな相手を徹底的に精査し、地政学的な分析やバッチ・スクリーニングのレベルでは検出できないリスクを明らかにします。デューデリジェンスの監査可能な証拠を提供することで、お客様の法的義務のソンシュを支援します。

スクリーニング・データベース World-Check

効率的にリスクを発見するスクリーニング・ソリューション

製品およびサービスに関する
営業へのお問い合わせはこちら

資料&レポート ダウンロードはこちら