アンチ・マネーロンダリング (AML) ソリューション

AML (アンチ・マネーロンダリング) 対策にトムソン・ロイターの確かなサービスを

資料&レポート ダウンロードはこちら

国際的な金融規制取り組み強化に伴い、金融機関だけでなく企業にもコンプライアンスの一環としてフィナンシャル・クライム・リスクマネジメント(FCRM)が必要とされるようになりました。 トムソン・ロイターは、AML (アンチ・マネーロンダリング) ソリューションで、世界標準の「マネロン、テロ資金対策」の実現をサポートします。


なぜAML (アンチ・マネーロンダリング)対策が必要か?

IMF(国際通貨基金)をはじめとする関係機関では、「断固たるマネーロンダリング対策(AML)とテロ資金供与対策(CFT)で、金融業界の規律と安定性を高める」との意志を明確に打ち出しています。

各国およびその金融機関にマネロン対策の強化を義務付け、違法行為の見逃しや報告義務を怠った場合、莫大な制裁金や制裁措置を行っていることは周知の通りです。さらに、レピュテーション(風評)リスクや、規制当局による継続的な監視対象となることはビジネスリスクとも考えられます。

そうしたこともあり、AML対策は昨今、特に重要視されています。

代表的なマネーロンダリングの手口とは

近年、マネーロンダリングの手法は巧妙化しています。 特に、現行の AML (アンチ・マネーロンダリング) 対策の弱点を突いた手口で、違法な収益を隠匿し、正規の金融システムに取り込もうとする例が挙げられます。

◼︎注意すべき資金の流れ

・通常と異なる口座の動き
・現金による資産の取得、または不透明な事業構造

また、AML への規制や取締りが不十分な国への巨額の資金移動や小口ながらも頻繁に資金移動が行われている場合は、マネーロンダリングの疑わしい例として注意し、取引の詳細な調査が必要とされます。

こうした資金の流れを見過ごせば、「域外適用法」に抵触する恐れや、適応対象となり制裁金が課せられるなどのリスクも生じます。

たとえば、資金の出所や受領者の情報を確認することは、有効な AML対策のひとつとして挙げられるでしょう。

効果的なAML対策を行うために

トムソン・ロイターでは、マネロン対策によるコンプライアンス遵守と企業のリスクマネジメントを実現するため、次のような対策が必要であると考えています。

  • リスクベースアプローチ (RBA) による AML コンプライアンス・プログラムの策定
  • 複数の地域で絶えず変化する規制や制裁の内容を逐次カバーする対応力の強化
  • 海外PEPsなどの重要な公的地位を有する人物や組織の正確なデータベースに照らした継続的な顧客のスクリーニングと取引の監視
  • 顧客の徹底的かつ正確な身元確認、KYC(Know Your Customer)の実行
  • 送金元の国に基づいた、顧客・取引に伴うリスクの定量化
  • 顧客情報の記録を常に最新状態に維持する取り組み
  • 販売店や代理人、その他のサード・パーティに関連するリスクの評価と監視
  • 従業員やサード・パーティーなど関係者を対象としたAMLに関するトレーニングを実施し、ポリシーや手続き、その実際の運用方法について周知徹底

製品およびサービスに関する
営業へのお問い合わせはこちら >

スクリーニング・データベース World-Check

効率的にリスクを発見するスクリーニング・ソリューション

スクリーニング・ソリューション

トムソン・ロイター・アクセラス・ワールドチェック・ワン (Accelus World-CheckOne)は、顧客に対するデューディリジェンスプロセスの簡素化、迅速に効果を発揮します。マネー・ローンダリングや制裁措置、金融のさまざまな脅威の洗い出し作業を効率化し、公的要人(PEP)との関係性やネットワークの詳細なモニタリングが行えるほか、条件をカスタマイズし、社外第三者に関する特定のリスクを識別することも可能です。

デューデリジェンス・レポート

当社のEnhanced Due Diligence(エンハンスド・デューデリジェンス:EDD)レポートはビジネス上の関係を持ちそうな相手を徹底的に精査し、地政学的な分析やバッチ・スクリーニングのレベルでは検出できないリスクを明らかにします。デューデリジェンスの監査可能な証拠を提供することで、お客様の法的義務のソンシュを支援します。

コンプライアンス・トレーニング

アジア太平洋地域向けコンプライアンス・ラーニング・スイートは、組織のコンプライアンスニーズに応えるために特別に作成されました。

レギュラトリー・インテリジェンス

「常に変化しつづける規制機関の期待要件」「急速に増加する規制変更」「コンプライアンスコストの上昇」通常、金融業者は平均して1日当たり182もの規制変更に対応しています。

サードパーティリスク

収益力アップと業務効率化に向け、社外とのコラボレーションや非中核業務のアウトソーシング、新市場への進出によるグローバル化対応を進める企業が増加しています。こうした経営判断は経済的なメリットにつながる一方、サードパーティー(受託企業)による法的要件や想定される行動基準の尊守を徹底するうえで、コストがかさむ可能性にも注意を払う必要があります。

デューデリジェンス事例
〜未上場企業買収の成功に貢献〜

三井鉱山の石炭化学事業から始まる三井化学グループは、100年以上の歴史の中で常に時代のニーズに応える製品を世に送り出してきた。近年では、モビリティ事業、ヘルスケア事業、フード&パッケージ事業の3分野を「成長を牽引する事業領域」と位置づけ、海外展開 や異業種ベンチャー 企業のM&Aにも積極的だ。では、トムソン・ロイターの「デューデリジェンスサービス」はどのように活用されたのか一ー。

製品およびサービスに関する
営業へのお問い合わせはこちら

資料&レポート ダウンロードはこちら