Governance Risk & Compliance

ガバナンス・リスク&コンプライアンス
トムソン・ロイターが提供するビジネス上のリスクに対する解決策

最新レポートを掲載しました。
金融規制ジャパンサミット2018 /
コーポレート・フォーラム 資料ダウンロード

NEW !
コンプライアンスInSight
2018年夏号 <最新号>

『GDPR 〜EU一般データ保護規制〜
すべての企業が潜在的に抱えるコンプライアンス・リスクを探る』が配信中です。

NEW !
AMLリスク管理体制の構築と実務対応セミナー


対策強化をサポートするために実践的なセミナーを福岡、大阪、名古屋、東京、仙台の5都市で開催!

グローバル化に見合うコンプライアンス態勢は整っているか?

NEW ! 特別レポート

《コーポレート・フォーラム レポート》
グローバル化に見合うコンプライアンス態勢は整っているか?
~チャンスを成果に変えるためのエンタープライズ・リスク・マネジメント~

旺盛な消費力を持つ新興国市場への進出や、イノベーティブな製品を携えて業界に地殻変動を起こしたいと画策する企業にとって、今こそ海外市場に打って出る絶好の機会と映っていることだろう…

金融規制ジャパンサミット2018

NEW !

《金融規制ジャパンサミット2018 レポート》
世界的な規則と技術革新が銀行業を変える
~過渡期を超えるにはフォワードルッキングな構想力が不可欠~

世界的な金融規制は年を追うごとに強化され、内容も複雑化し続けている。特に、この10年では、銀行という存在そのものに対する要求が増えていると感じられるだろう…

レードベース・マネーロンダリング(TBML)セミナー<br>「古くて新しいリスク″トレードベースマネーロンダリング″に対応するために~求められるのは業務理解とガバナンスの徹底~」

トレードベース・マネーロンダリング(TBML)セミナー
「古くて新しいリスク″トレードベースマネーロンダリング″に対応するために~求められるのは業務理解とガバナンスの徹底~」

マネーロンダリングへの対策が国際的に強化されて久しい。近年、テロ対策、ひいては国際秩序の安寧のために不可欠な取り組みとして、各国が協調した動きを続けている甲斐もあって、金融犯罪への包囲網は確かに効果を見せていると言えるだろう。一方、そうした努力が実を結ぶことによって相対的に…

週刊金融財政事情 5月22日号 掲載

週刊東洋経済 2017年8月5日号掲載:
数百億円の制裁金、個人の収監事例も発生
「競争法リスク」に求められる経営判断とは?

グローバル化が進み、海外ビジネスで日本企業が直面するリスクも増大している。中でも対応に苦慮するのが各種法令に対するコンプライアンス・リスクだ。
特に日本の独占禁止法に相当する反トラスト法や競争法に違反したとして、日本企業に巨額の制裁金が科されるケースも珍しくない。企業にはいまどのような取り組みが求められるのか…

REGULATIONS2017年6月号掲載:トレードベース・マネーロンダリング(TBML)の規制強化

REGULATIONS2017年6月号掲載:トレードベース・マネーロンダリング(TBML)の規制強化
~貿易取引のライフサイクルに応じたきめ細かい対策が求められる時代に~

貿易取引における金融犯罪リスクとして「トレードベース・マネーロンダリング(TBML)」への注目度が高まっている。貿易立国の日本にとっては身近な問題であり、金融機関も事業法人も早急な対応が求められている。マネーロンダリング対策の…

贈賄防止対策セミナー ~企業コンプライアンスが目指すべき贈賄防止体制~

贈賄防止対策セミナー
~企業コンプライアンスが
   目指すべき贈賄防止体制~

2020年に向けた日本の成長戦略として「インフラ・システム輸出」が掲げられて以降、ASEAN諸国やインドなどの新興国における空港や港湾、発電所や鉄道などの大規模インフラ整備プロジェクトを受注しようと産官一体となったアプローチが続いている。また、メーカーや小売各社も、超高齢社会に移行する日本市場にとどまらず海外にも市場を広げようとの意欲が旺盛だ。そうしたこともあり・・・

広がるアンチマネーロンダリングとテロ資金対策の網〜求められる金融機関の国際標準化〜

広がるアンチマネーロンダリングと
         テロ資金対策の網
〜求められる金融機関の国際標準化〜

2016年10月に改正される「犯罪収益移転防止法(犯収法)」。この背景には、国際的に取り組みが進んでいる金融犯罪の囲い込み強化に協調し、世界情勢の安定化に貢献しようとの意図がある。
他方、国内市場が縮小するなか、企業にとっても金融の国際標準に適応することは喫緊の課題といえる。新たな市場への参入やM&Aなどの海外展開は持続的な成長が見込めるが・・・

デューデリジェンス事例

デューデリジェンス事例
〜未上場企業買収の成功に貢献〜

三井鉱山の石炭化学事業から始まる三井化学グループは、100年以上の歴史の中で常に時代のニーズに応える製品を世に送り出してきた。近年では、モビリティ事業、ヘルスケア事業、フード&パッケージ事業の3分野を「成長を牽引する 事業領域」と位置づけ、海外展開 や異業種ベンチャー 企業のM&Aにも積極的だ。では、トムソン・ロイターの「デューデリジェンスサービス」はどのように活用されたのか・・・

あらゆるリスクを統合、可視化する次世代GRCソリューション

NEW !

あらゆるリスクを統合、可視化する次世代GRCソリューション
〜Connected Risk〜

トムソン・ロイター・コネクテッド・リスクは、従来のスタンドアローン型のGRCソフトウェアとは違い、お客様の既存システムとの連携や多種多様なデータを取り込むことにより、外部情報、及びきぎょうないで保持している各種データを、リスク管理業務や内部監査業務、こんぷらいあんす管理業務に活用することが出来るプラットフォーム・・・

規制変更の影響を追跡・管理

NEW !

規制変更の影響を追跡・管理
〜Regulatory Change Management〜

トムソン・ロイター・レギュラトリー・チェンジ・マネジメントは、高度なマッピング機能を搭載し、トムソン・ロイター・レギュラトリー・インテリジェンスの分類方法に完全対応しています。このため、重要な規制動向をしかるべき関係者に確実に通知できます。

迅速な監査管理でビジネス判断を支援

NEW !

迅速な監査管理でビジネス判断を支援
〜Connected Risk - Audit Management〜

当社のコネクテッド・リスクプラットフォームに対応したソリューション、トムソン・ロイター オーディオ・マネジメントは、現代のような変化の激しい時代に、迅速なアプローチで企業経営者や業務管理者、監査委員会、規制当局のニーズにお応えします。

スクリーニング・ソリューション

スクリーニング・ソリューション

トムソン・ロイター・アクセラス・ワールドチェック・ワン (Accelus World-CheckOne)は、顧客に対するデューディリジェンスプロセスの簡素化、迅速に効果を発揮します。マネー・ローンダリングや制裁措置、金融のさまざまな脅威の洗い出し作業を効率化し、公的要人(PEP)との関係性やネットワークの詳細なモニタリングが行えるほか、条件をカスタマイズし、社外第三者に関する特定のリスクを識別することも可能です。

デューデリジェンス・レポート

デューデリジェンス・レポート

当社のEnhanced Due Diligence(エンハンスド・デューデリジェンス:EDD)レポートはビジネス上の関係を持ちそうな相手を徹底的に精査し、地政学的な分析やバッチ・スクリーニングのレベルでは検出できないリスクを明らかにします。デューデリジェンスの監査可能な証拠を提供することで、お客様の法的義務のソンシュを支援します。

コンプライアンス・ラーニング

コンプライアンス・ラーニング

Thomson Reuters Compllance Learning (トムソン・ロイター・コンプライアンス・ラーニング)ソリューションは、カスタマイズ対応が可能で、実践的で、費用対効果に優れたインタラクティブなトレーニング・コースを従業員向けに提供します。

サードパーティリスク

サードパーティリスク

収益力アップと業務効率化に向け、社外とのコラボレーションや非中核業務のアウトソーシング、新市場への進出によるグローバル化対応を進める企業が増加しています。こうした経営判断は経済的なメリットにつながる一方、サードパーティー(受託企業)による法的要件や想定される行動基準の尊守を徹底するうえで、コストがかさむ可能性にも注意を払う必要があります。

レギュラトリー・インテリジェンス

レギュラトリー・インテリジェンス

トムソン・ロイターは、複雑な規制環境における課題を熟知しており、ビジネスプロフェッショナル向けの規制インテリジェンス情報の提供において世界をリードしています。「常に変化しつづける規制機関の期待要件」「急速に増加する規制変更」「コンプライアンスコストの上昇」通常、金融業者は平均して1日当たり182もの規制変更に対応しています。規制変更にはリスクを伴う場合があり・・・

特別レポートダウンロード

特別レポートのダウンロードをご希望の方は、下記フォームに必要事項を記入の上、送信してください。

ご入力いただいた個人情報はトムソン・ロイターのプライバシー・ポリシーに基づいて取り扱われます。
お客様に関連する可能性のあるトムソン・ロイターの製品およびサービスのご案内メールが届く可能性がある点をご了承の上、送信ボタンを押してください。